素敵なカフェめぐり

カフェについてのいろいろ

カフェといえば、誰もが気軽に利用できる店舗であり、休憩をしたり、雑談や会議を行ったりすることもしばしばです。カフェはアルコールを販売している店舗のことを指し、喫茶店はアルコールを販売していない店舗のことを指します。
昔のカフェは個人経営による店舗が一般的でしたが、最近ではチェーン展開を行っている店舗も数多く、その内容は少しずつ変貌しています。カフェを利用する目的は様々であり、お茶を飲むためだけに利用することもありますし、モーニングや軽食をとる、また、普段の雑談や、ちょっとした打ち合わせの場所としても利用されています。基本的にはアルコールを販売しているかどうかの違いのみなので、喫茶店と大幅に変わったところはなく、利用目的に違いはほぼありません。また、タバコを吸うことができる店舗がほとんどなのですが、最近はタバコによる健康への影響が広く伝えられており、分煙を行っている店舗が非常に多くなっています。駅や公園、ホテルなど、様々な施設で禁煙が広くすすんでおり、喫煙のために利用している客も増えてきているようです。家族で利用することが多いファミレスとは違い、個人で気軽に店舗に入ることができるので、個人の客も多いようです。

カフェの成り立ちについて

カフェはコーヒーなどや軽食を出すような飲食店のことです。 元々はコンスタンティノーブルでコーヒーを出したお店が 始まりだと言われています。 カフェでは人々が集まってコーヒーを飲んだりご飯を食べたりします。 色々な人と出会って交流したり議論したりもします。
このような社会的な機能を持っているものは、 ヨーロッパでは中世から続いているタヴェルヌや キャバレなどの居酒屋がありました。 タヴェルヌやキャバレで主に飲まれていたのはお酒でした。 ちなみに16世紀までは水以外にアルコールではない飲み物は ほとんどありませんでした。
17世紀頃の資本主義経済へ移行する頃に状況が変わりました。 昼間から飲んではいられなくなってお酒の代わりに 覚醒作用があるコーヒーがこの頃から飲まれるようになりました。 そのためにヨーロッパ各地で登場してきたカフェは伝統的なタヴェルヌや キャバレのような居酒屋が果たしてきた役割からその一部を担うように なって、世界中に拡散していき今日のようになりました。
日本では明治末に始まりました。 1942年にはコーヒーの輸入規制がありましたが1950年に再開されました。 そして現在に至りカフェは日本でも流行っているのです。

pickup

永福町 歯科
icタグを購入する
海洋散骨
相続 神戸
貴金属買取の情報サイト

最終更新日:2018/8/3